Googleアナリティクス

外出自粛にも慣れてきました。自宅での仕事は捗るしテレビ通話で仲間との交流が増えた気もします。すっかり運動不足なので家の中で体を動かす環境を考えないとですね。

今日はGoogleアナリティクス(サイトのアクセス解析)で自分のアクセスを除外する方法をお伝えします。

 

Googleアナリティクスとは

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、Googleが無料で提供する高機能なWebページのアクセス解析サービスです。無料で高機能なこともあり、WEBサイト解析ツールとしては多くの方が利用しております。

 
 

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

サイトの運営者や担当者の方はサイトのコンテンツを確認するなどで自サイトを訪問することが多いと思います。自分のアクセスを除外する設定をしなければ、自社からのアクセスの割合が多くなってしまい有効なアクセス解析結果が得られなくなります。自分のアクセスを除外する方法は2つの手法があり、「Googleアナリティクスの設定で自分のIPアドレスを除外する方法」と「使っているブラウザにプラグインを導入して除外する方法」があります。

どちらの設定も試してみたのですが、「Googleアナリティクスの設定で自分のIPアドレスを除外する方法」の設定はどうもうまくいかず、、なので、今回は「使っているブラウザにプラグインを導入して除外する方法」を紹介したいと思います。とても簡単で除外することができたので試してみてください。

 
 

Googleプラグインを使って除外する方法

除外するプラグインは「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」です。ここでは、Google chromeにダウンロードする方法をご紹介します。

※このプラグインを一度導入すればGoogle chromeからのアクセスが除外されます。

 
 

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンはこちらからダウンロードできます。ダウンロードボタンをクリックしてください。

 
 

Googleアナリティクス

次に「Chromeに追加ボタン」を押してください。

 
 

Googleアナリティクス

「拡張機能を追加」をクリックする

 
 

Googleアナリティクス

Google Chomeの右上にアイコンが表示されます。導入作業は以上です。とても簡単ですね。それでは、実際にGoogleアナリティクスで自分のアクセスが除外されたか確認しましょう。

 
 

Googleアナリティクスで自分のアクセスが除外されたか確認する

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスを開いて「リアルタイム」で自分のアクセスが除外されていることを確認できます。

 
 

今回、ご紹介したGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法は、Google Chomeでの設定になりますので、スマホや別のブラウザで確認した場合アクセスを除外することはできません。複数のブラウザを使用してサイト運営をしている場合はそれぞれでブラウザでプラグインをダウンロードする必要があります。

 
 

次はGoogleアナリティクスのカスタムページの設定についてを紹介したいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

賢威テーマ」は、SEO業界で圧倒的な実績を持つWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、ノウハウを余すことなく詰め込んだSEOテンプレートパックです。当サイトは賢威テーマで構築しております。




WEB運営・制作ディレクター

この記事のライター:BUTTER

Googleストリートビュー撮影、WEBサイト制作(WordPress)、デジタルマーケティング、モールテックス小物のハンドメイドをしております。中小企業の社長様から個人事業主の方までお仕事のご依頼を頂き、WEBサイト制作(ポータルサイト・メディアサイト・ECサイト)、楽天サイト制作、楽天サイト運営、店内ストリートビュー撮影、Google広告、Yahoo広告、SNS広告運用を担当させて頂きました。趣味:モールテックスDIY、ローカルガイド撮影、音楽観賞。

リンクツリー ツイッター インスタグラム

 

PR