こんにちは。今回はGoogle社が提供しているビジネス向けクラウドサービス「G suite」のメリットと基礎知識、お得に利用できる方法をご紹介します。近年、G suiteを全面的に導入してビジネスの効率UPを進める企業が増えており、今後ますます加速していくと思われます。

G Suite(ジースイート)とは

google社が提供しているサービスアプリケーション

G suiteは、google社が提供しているサービスアプリケーションをビジネス向けにまとめて利用できるクラウドサービスです。※2016年9月29日以前は「Google Apps(グーグル アップス)」という名称でしたが、2016年9月29日にサービス名が「G Suite」へと一新されました。多くのビジネスパーソンが日常的に利用しているGmailやGoogleドライブ、Googleドキュメント、カレンダーのチーム共有やハングアウトといった便利なアプリを自社内で自由に組み合わせして活用できるようになります。

使えるアプリ

交流

  • Gmail
  • カレンダー
  • ハングアウト
  • Google+

作成

  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • フォーム
  • スライド
  • Googleサイト
  • Googleキープ
  • Google App Maker

アクセス

  • ドライブ
  • クラウドサーチ

管理

  • Vault
  • モバイル
  • 管理コンソール

メリット

日頃からGoogleサービスを利用している方なら上記アプリを見て「あれ?」と思うかもしれません。ほとんどのアプリが無償で提供されているものと同じですからね。GmailもGoogleカレンダーも「Googleアカウント」を作成することで、無償で利用できるものばかりです。では、なぜ無償でも提供されている機能が有償として提供されているのでしょうか?それらをあえて有償で利用するメリットはあるのでしょうか?

その答えは G Suite の「管理者機能」にあります。

無料のGoogleサービス

無償で利用できるサービスは、シンプルなメールやカレンダー、ファイル共有を提供するだけで、企業レベルで要求される管理機能が提供されていません。

有料のG Suite

管理者機能を使うことで従業員ごとにアクセス権限や公開設定を行えるため、情報漏洩などのセキュリティ事故が発生するリスクを低くすることができます。管理機能により、ファイル共有やメール、チャットなどもスムーズに行えます。

「交流」コミュニケーション

メール、カレンダー、SNS

[ユーザー名]@[会社名] や [ユーザー名]@[会社名] のように、会社のドメインが含まれるビジネスにふさわしいメールアドレスを全従業員に付与することで、顧客の信頼を獲得しましょう。同僚の予定をチェックしたり、皆のカレンダーを 1 つの画面で表示したりできるので、すばやく予定を決められます。

「作成」共同作業

コメント入力、チャット、リアルタイム編集

チームメンバーや社外のユーザーと、1 つのドキュメントを同時に編集できます。共同編集者が入力する編集内容を確認したり、組み込みのチャット機能でやり取りしたり、コメントを付けて質問したりできます。

「アクセス」ファイル保管・共有

チームのファイルを共有スペースに整理

チームドライブを使用すれば、チームで使うファイルを安全に保存でき、共有場所の管理も簡単です。チームドライブに追加されたファイルは、そのチームがオーナーとして管理するため、メンバー全員が常に最新のファイルにアクセスできます。

「管理」セキュリティと管理

セキュリティなどの設定を簡単に行える

組織の安全を守る

ユーザーの追加、端末の管理、セキュリティなどの設定を簡単に行えるため、常にデータの安全が確保されます。管理の一元化により、設定や管理の効率が上がります。統合された Cloud Identity を使って、ユーザーの管理のほか、2 段階認証プロセスやセキュリティ キーなどのセキュリティ機能の設定を行えます。セキュリティ センターが提供するセキュリティの分析情報とおすすめの対策を活用して組織の安全を守ることができます。

ビジネスアプリを独自に作成

APP MAKER

ビジネスアプリを独自に作成

APP MAKERでは会社が必要とするビジネスアプリを独自に作成することができます。G Suite のローコード開発環境を利用して、業務ワークフローの加速化や社内業務の改善といったビジネスニーズに対応するアプリを作成することができます。App Maker は、G Suite の Business エディションと Enterprise エディション、および G Suite for Education でご利用いただけます。

電話サポート・メールサポート

Googleの担当スタッフに相談できます

G Suite の管理者のみご利用いただけます。

電話、メールは24時間365日いつでもGoogleの担当スタッフに相談できます。充実したサポート体制もG suiteの魅力です。※こちらの電話・メールサポートはG suiteに関するサポートです。

約10ヶ月後サービスが停止となるGoogle+について

約10ヶ月後サービスが停止となるGoogle+は無償版GmailアカウントのGoogle+サービスであり、G SuiteアカウントにおけるGoogle+サービスは継続予定とのことです。

料金

G SuiteにはBasic、Business、Enterpriseといったエディションがございます。それぞれのグレードによって利用できる機能に幅がありますが、上述のサービスに関しては、G Suiteのすべてのエディションでご利用できます。

G Suite Basic ¥500/月 [税抜] 30GB ストレージ / 1 ユーザー
G Suite Business ¥1,200 [税抜] 保存容量無制限+ Vault(5 ユーザー未満は 1 TB / 1 ユーザー)
Enterprise ¥3,000 [税抜] 高度な管理機能を含むプレミアム オフィス スイート

G Suiteをお得に利用する

G Suiteは 14 日間無料でお試しいただけます。

さらに、下記プロモーションコードで初年度の利用料金が20%OFFになります!

G Suite Basic プラン
R6XVECLFR7AJTW6
G Suite Business プラン
D4L7QD9NWPA4TAF

解約方法

作業効率があまりにも充実するため解約する企業は少なく思われますが、もし必要なくなったら解約することができます。解約すると次の状態になります。

・G Suite の課金停止
・その月のサービスのお支払い不要

G Suite サブスクリプションをキャンセルする、または組織の Google アカウントを削除すると、すべてのユーザー アカウントと関連する G Suite データが削除されます。ユーザーデータを保存しておきたい場合は、アカウントを削除する前にそのデータをダウンロードしてください。

注: Google Drive Enterprise の場合、保存できるデータはファイルのみです。

サブスクリプションをキャンセルしてから51日が経過すると、データの削除が開始されます。この処理には数週間かかる場合があるそうです。

G Suiteを使い、自社のビジネス環境を改善しましょう

Googleが提供しているだけあって、サービス同士の連携がとりやすく高いセキュリティが維持されているのが最大の魅力といえるでしょう。また、24時間365日のサポート対応についても、とても魅力的です。ただ、個人(一人)で利用するなら無償のサービスで十分だと感じました。「試しに使ってみたい」という方は、14日間お試し期間がありますので登録してみて継続するか解約するか判断してはいかがでしょうか?もちろん、お試し期間でも電話サポートがありますので、気になっていることがありましたら専門スタッフに質問してみてください。

社員同士のオンライン・コラボレーションを実現するためのG Suiteを導入・運用し自社のビジネス環境を改善しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

WEB運営・制作ディレクター

この記事のライター:BUTTER

WEBサイト制作、Google施設内ストリートビュー、メディアサイトの運営・管理を行っております。 Knowledge Clip / マークアップエンジニア / デジタルワークショップ認定 / ローカルガイド レベル6 / Google認定フォトグラファー / Dance Tube / DIY crearivity /
趣味:音楽鑑賞、ネットサーフィン、カメラ、自然、インテリア、

ツイッター インスタグラム

最新情報をチェック